イエズス会について イエズス会の歴史
イエズス会の霊性 召出しの集い お問合せ

日本のイエズス会関連年表

1500

ヴァスコ・ダ・ガマ、喜望峰を迂回し、翌年5月、インドのカレクー(カリカット)に到着

1510

フ ランシスコ・ザビエル 、 ナバラ国に生れる

1513

ポルトガル、マラッカを占領

1515

ポルトガル船隊、モルッカ諸島のテルナーテに至る

1516

スペイン人パルボア、太平洋を発見

1517

ポルトガル船隊、ペルシャ湾のホルムズを占領

1537

教皇パウロ3世、インディオが理性ある人間であることを肯定する回勅を発布

1538

ロヨラの聖イグナチオら、 パりでイエズス会を結成

1542

メルカトール、世界図を刊行

1543

ポルガル人乗船の中国ジャンク船、種子島に漂着し、鉄旭が伝来

1544

海賊許棟、日本に渡航

1549

イエズス会宣教師ザビエル、トレスフェルナンデス、鹿児島に到着

1551

ザビエル、京都に上る、11月、豊後府内より大友義鎮使臣を伴ってインドに帰還

1552

ザビエル、ゴアに到着。5月、中国渡航のためゴアを出発し、12月、上川島で病死。イエズス会のガーゴ神父府内到着

1555

ポルトガル商人アルメイダ、府内に育児院開設

1556

イエズス会インド副管区長ヌーネス・バレト、視察のためガスパル・ヴィレラ神父を伴い府内に到着。同年末府内に病院が建つ

1557

ポルトガル人、明政府よりマカオ居住を許される

1559

ヴィレラ、京都で宣教開始

1560

将軍足利義輝、ヴィレラに布教許可状交付

1562

フランスでユグノー戦争始まる(1598?)

1563

肥前の領主大村純忠、大和沢城主高山厨書、キリスト教に改宗。純忠イエズス会に横瀬浦を譲渡するも焼き討ちされる

1564

高山右近、キ リスト教に改宗

1565

将軍義輝暗殺される。勅命 「大うすはらい」によりヴィレラ、フロイス神父ら京都から追放される

1570

イエズス会上長カブラルオルガンティーノ来日、前上長トレス死去。長崎開港

1571

大村純忠、長崎新町六町の地割を行う、ポルトガル船、長崎に初めて入港

1572

信長、カブラル神父を岐阜城で引見

1576

京都に南蛮寺 建立。信長、安土城を築城開始(完成は一五七九)

1579

イエズス会東インド管区巡察師ヴァリニャーノ来日

1581

信長、本能寺でヴァリ ニャーノを引見

1582

二月天正少年使節伊東マンショ千々石ミゲル原マルチノ中浦ジュリアン)、ヴァリ ニャーノと共に長崎を発つ、六月本能寺の変で信長死去

1583

秀吉、大阪城を築き、イエズス会に教会用地を与える

1585

グレゴリオ13世、天正少年使節を引見後、ほどなく帰天。シクスト5世、新教皇に選出。

1586

秀吉、大阪城で準管区長コエリョを引見

1587

天正少年使節、リスボンよりゴアに到着。大友宗麟・大村純忠死去。秀吉、禁教令を発布。高山右近改易

1588

教皇勅令によ り、日本に司教座を設置

1590

ヴァリァリ ニャーノ、天正少年使節と共に長崎に到着。サンデ編『日本使節対話録』マカオで刊行

1591

秀吉、フィリ ピンに入貢を要求

1592

フィリピン総督使節フアン・コーポ、肥繁盛屋城で秀吉に謁見

1593

秀吉、名護屋城でフィリピン総督使節ぺドロ・バウティスタを引見

1596

府内司教ぺトロ・マルチィ ンス、来日し伏見で秀吉に謁見。
スペイン船サン・フェリーぺ号、土佐浦戸に漂着

1597

府内司教ペトロ・マルチィ ンス、来日し伏見で秀吉に謁す、
キリシタン26名、長崎で処刑される(二六聖人殉教

1598

府内司教マルティンス、マラッカ近くで病没。秀吉、伏見城で死去、日本司教ルイス・デ・セルケイラ、日本の巡察師に任命されたヴァリニャーノと共に長崎に到着

1599

フランシスコ会士へロニモ・デ・ヘスース、徳川家康の許可を得て江戸に教会を建てる

1600

関ケ原の戦い

1601

マテオ・リッチ、北京に至る。

1603

江戸幕府開かれる

1604

幕府、糸割符法を制定し、生糸貿易を統制する。家康、伏見城でドミニコ会上長メーナを引見

1606

家康、伏見城で日本司教セルケイラを引見

1607

イエズス会準管区長パシオ、駿府に家康を、江戸に将軍秀忠を訪ねる

1608

有馬晴信派遣 朱印船関係者ら、マカオで市民と衝突し53人殺害される

1609

オランダ船、 平戸に入港し、幕府の許可を得て商館を開設。

1610

ポルトガル船ノツサ・セ ニョーラ・ダ・グラサ号、有馬晴信軍の攻撃を受け長崎沖で爆沈。
ドン・ロドゴ、三浦按針(ウィリアム・アダムス)、建造船でメキシコに帰還

1612

岡本大八事件が発覚し、幕府、江戸・駿府・京都の直轄地と有馬嶺に禁教令を施行

1613

江戸のキリシタン8人処刑 される、
伊達政宗、支倉常長とフランシスコ会士ソテロをスペインとローマ教皇庁に遣わす

1614

幕府、全国に禁教令を布告 し宣教師および高山右近らを国外に追放。
長崎市内にある11教会被壊される。大坂冬の陣始まる。ニアバラ・ルイスら難破

1615

2月、高山右近、マ ニラで病没。
支倉常長、マドリードでキリスト教に改宗し、ローマで教皇パウロ5世に謁す。ベトロ岐部、マニラに渡航

1616

家康死去。幕府、外国船の入港を長崎・平戸の二港に制限し、キリスト教を厳禁。支倉常長の一行、ローマを発ち帰路に着く

1620

教皇パウロ5世、重ねて大赦令を発し、日本キリシタン宛書翰を書き認める

1622

イグナチオ、ザビエル列聖される。木村セバスティアン木村レオナルドら殉教

1623

ぺトロ岐部、 リスボンから ゴアに向かう。オランダ、アンポイナでイギリス人・日本人らを虐殺

1624

仙台、出羽秋田でディエゴ・カルヴァーリョらとキリシタン41人処刑。大村でソテロら4人処刑

1626

長崎の住民、 キリスト教の信仰を禁じられる

1630

ペトロ岐部、 松田ミゲルら、ルパング島を出航し帰国

163332 7月31日、ニコラオ福永ケイアン、長崎、西坂で殉教(享年63歳)、
10月21日、ジュリアン中浦、西坂で殉教(享年64歳)

1634

長崎の商人、 幕命により出島を築く(1636?)

1636

ディオゴ結城了雪、大坂で殉教(享年62歳)。
幕府、ポルトガル人と日本人との混血児287人をマカオに追放(カスタ流し)

1637

島原の乱勃発 (1638?)

1639

7月?日、ベトロ岐部、 江戸で殉教(享年52歳)。 幕府、ポルトガル人の日本渡航を禁止(鎖国の完成)

1640

幕府、マカオ使節61人を 西坂で処刑しポルトガル船を焼く、大目付井上政重、宗門改役に就く

1642

イエズス会日本巡察師ルビノ一行、下甑島に渡航し捕えられてのち処刑される

1643

管区長マルケスの一行、上陸し捕え、ディエゴ・モラレスら 殉教

1644

ポルトガル国王ジョアン4世、マカオ・長崎間貿易再開のため特使シケイラを日本に派遣

1647

ポルトガル国王使節シケイラ、長崎に来航、幕府、ポルトガルとの通交を許さず同使節を帰国させる

  鎖国期。イエズス会による公の宣教活動なし。隠れキリシタン時代

1905

日露戦争終結。教皇聖ピオ10世の使節来日、日本にカトリック大学を設立するよう教皇に進言。
教皇は、日本に男子のためのカトリック大学を設立するようイエズス会に要請。

1908

ヘルマン・ホフマン神父ら3人の司祭、東京にカトリック大学を設立するための先発として来日

1912

東京都千代田区に上智大学を設立。ホフマン師が初代学長に就任。

1923

関東大震災。
広島地区で宣教活動開始

1938

兵庫県神戸市に旧制六甲中学校創立

1947

神奈川県横須賀市に栄光学園創立(後に鎌倉市玉縄に移転)

1948

広島にエリザベト音楽短期大学(現エリザベト音楽大学)創立

1951

山口市にサビエル記念聖堂献堂

1953

神戸市にカトリック六甲教会献堂

1954

東京都練馬区にイエズス会神学院設立。広島に世界平和記念聖堂献堂

1955

海外から来日する会員のため、神奈川県田浦に日本語学校創立(のちに鎌倉市十二所に移転)

1956

広島市に広島学院創立

1957

広島市長束に修練院創立

1958

日本準管区が、管区に昇格

1962

長崎市西坂に日本二十六聖人記念館設立

1973

神奈川県泰野市に上智短期大学設立

1983

福岡市の泰星学園の経営を福岡教区から委託される


 

 

SITEMAP

 

Copyright(C)イエズス会日本管区 2005. All Rights Reserved.