本文へスキップ

キリスト教専門図書館

概要

  聖三木図書館の館名は、1597年に長崎の西坂の丘で殉教した日本二十六聖人の一人であるイエズス会修道士、聖パウロ三木にちなんでつけられました。 日本の文化的土壌にキリスト教の思想・文化を紹介し、東洋思想と西洋思想との対話を促すという創設からの理念にもとづき、60年余りに渡って資料を収集、公開しています。
 聖書についてもっと知りたい、キリスト教についてもっと知りたい、キリスト教の歴史文化を通して広く世界を知りたい、キリスト教思想家・実践家の言葉に触れたいなど、聖三木図書館はキリスト教に関する様々な資料をお探しの方にご利用いただいております。

沿革

1949年 H・ホイヴェルス神父により「聖イグナチオ教会 付属図書室」として設立
1953年 学校法人上智学院に移管 通称かまぼこ校舎にて「聖三木図書館」開館
     初代館長ペーター・クルンバッハ神父
1957年 上智大学内の上智会館2階に移転
     1977年より第二代館長A.デーケン神父
     1998年より 第三代館長佐久間勤神父
2007年 聖イグナチオ教会敷地内の岐部ホールに移転
     管理運営はカトリックイエズス会に引継
     宗正孝第四代館長のもと「イエズス会聖三木図書館」として開館
     2016年より 第五代マイク・ミルワード館長
     現在に至る

イエズス会 聖三木図書館

〒102-0083
東京都千代田区麴町6-5-1 岐部ホール2F

TEL 03-3262-0364

開館日
 月・火・水・金・土曜日 
       11:00~18:00
 日曜日  
       10:00~17:00